会社概要

会社概要

名称 TAKAMATSU PLATING MEXICANA S.A.de.C.V.
所在地 Castro del Rio Techino Industrial Park,Irapuato,.Guanajuato,Mexico.
敷地面積 41,000㎡
工場敷地
面積
5,796.6㎡
(製造エリア   4,170.31㎡)
(事務棟エリア   371.63㎡)
(工場外整地エリア 342.84㎡)
(排水エリア    911.82㎡)
周辺地図 Google map
代表者 代表取締役 大下文夫
業種 電気めっき加工業(表面処理全般)
設立 2015年10月
業務内容 自動車部品及び関連部品の表面処理、亜鉛・ニッケル、その他上記に付随する一切の業務
提携 グアナファト大学(MEX)、長岡技術科学大学(JPN)

「創意工夫」の連鎖が成長の礎

代表取締役 大下文夫

金属製品の機能性・耐食性向上を目的に誕生した表面処理技術「めっき」も、工業製品の高機能・多機能化の波を受けて、より高いクオリティ、より多岐にわたる分野での活躍が求められています。
TAKAMATSU PLATING MEXICANAはこのめっき分野で蓄積した経験と知識を、当社の基盤を支えるコアスキルとしながら、そこに安住することなく、さらなる技術革新に注力。新しい付加価値を提案することで、お客様からの評価をいただいて参りました。強固な基礎技術とその応用が、お客様の多様な要望に柔軟に応える当社独自の強みであり、社是である「創意工夫」の精神が社員一人ひとりに浸透した成果であると自負しております。当社の未来を担う人材のレベルアップには、これからも惜しみなく力を注いでいきたいと考えています。今後も、市場の活性化を生み出す新技術の開発、新工場増設による生産体制の強化、先進機器を導入した厳格な品質管理、自然環境に留意した企業活動など、さまざまなテーマと真摯に向かい合いながら、産業界における当社の存在感を際立たせたいと考えています。

沿革

1988(昭和63)年  4月 富山八尾地区の電子弱電部品の表面処理に取り組み、高松メッキ工業㈱八尾工場竣工(第一工場)が竣工する。
1994(平成  6)年11月 当八尾工場の業務を本社と分離し、㈱高松メッキとして運営開始する。
1996(平成  8)年  9月 第2工場新築
1999(平成11)年10月 第3工場新築
2004(平成16)年  2月 事務所棟新築
2004(平成17)年  7月 第4工場新築
2006(平成18)年  5月 第5工場新築
2007(平成19)年  7月 第6工場新築
2011(平成23)年 5月 第7工場新築
2017(平成29)年 4月 TAKAMATSU PLATING MEXICANA 第1工場 新築予定
2017(平成29)年 5月 TAKAMATSU PLATING MEXICANA めっきライン完成予定

社訓

一、和を以て貴しとなす
一、一諾を重んず
一、和は実践を以て知となす
一、過ぎたるは及ばざるが如し
一、一心画工の画くが如し