加工情報

めっき加工の必要性

なぜ亜鉛めっきを行うのか?

基本的な亜鉛めっき工程例

浸漬脱脂 浸漬脱脂では、界面活性剤により、ターゲットに付着している油脂類などの汚れを除去します。
水洗 水洗では、前工程の薬液を次の工程へもちこませないために、文字通り水で洗い流しています。
酸洗 酸洗では、ターゲット表面の酸化被膜、汚れなどを除去します。
水洗  
電解脱脂 電解脱脂では、ターゲットを電解させることによって、脱脂効果を向上させています。
水洗  
中和 中和では、表面の残渣物を酸で取り除きます。また、アルカリ性の脱脂液をめっき工程に持ち込まないようにしています。
水洗  
めっき ターゲットをめっき液に浸漬させ、表面に金属の膜を生成させます。
水洗  
活性化 活性化では、めっき後に表面を活性化させ、正常な化成処理が行えるようにします。
水洗  
化成処理 化成処理では、めっき上に酸化化合物などの皮膜を被覆させます。
水洗  
(仕上げ) 仕上げでは、必要に応じて、外観向上などの機能向上を目的に処理します。
乾燥 乾燥では、ターゲット表面の水分を除去します。

バレルめっき、ラックめっきとは

バレルめっき

水が抜ける穴が空いた樽に製品を投入し、溶液に浸漬して回転させながらめっきを行う技術です。
樽はバレルという意味であることから、バレルめっきと呼ばれています。
一度に大量に処理できる利点があり、ラックめっきと比べて生産性に優れることが特徴です。

ラックめっき

製品を1つづつ、ラックと呼ばれるめっき治具に引っ掛けてめっきを行う技術です。
製品同士が触れることが無いため、キズや変形が起こりにくいめっき手法であり、比較的サイズが大きいターゲットなど、バレルめっきでは対応が困難な製品に適応されます。